2014年08月08日

宇宙兄弟の新作映画「宇宙兄弟#0(ナンバーゼロ)」を見てきました!【ネタバレなし】



宇宙兄弟のアニメ映画、宇宙兄弟#0(ナンバーゼロ)の試写会が当たったので、
友人の芝美ちゃんと見に行ってきた。
(芝美ちゃんは今後ブログに登場させます)

宇宙兄弟.jpg

芝美ちゃんはかなりのアニメオタク。
一方私はというと、宇宙兄弟はケータイコミックの立ち読みで読んだ程度の知識だった。
芝美ちゃんがいつも熱っぽく宇宙兄弟を語るので、内緒で試写会応募したら・・・当選!

さて、夕方の腹ごしらえも済ませ、いよいよ開幕です。
私は一夜漬けでWikipediaを読み、ある程度予習済み。(お手軽にわかファンで申し訳ないです)
芝美ちゃんは「脚本が原作者の方なんだよね!期待!」といきなりハードルを上げています。

------------------------------------------------------

宇宙兄弟の話を遡ること、六太と日々人の子供時代・・・。
ペットボトルロケットの大会のシーンから始まります。

主なストーリーは、まだ六太宇宙飛行士を目指す前。
もっと言えば、上司に頭突きを食らわすほんの少し前。

日々人はアメリカ・NASAで。六太は聞いたこともないど田舎の村で。
勇気を取り戻すストーリーが始まります。
そう、この物語のキーワード――「勇気」。

宇宙兄弟#0.jpg

田舎の村で兄・六太が織りなすほのぼのした日常。
一方、壮大な宇宙を目指してアメリカ・NASAで励む弟・日々人
兄と弟。
この対比は強烈です。

そして、兄弟で宇宙を目指したのはもちろんこの2人だけではありませんよね。
エディ・Jブライアン・Jの兄弟です。
ブライアンはバックアップクルーに日々人を選びます。
最年少、しかもチームの足をひっぱりがちだった日々人を。

――「ブライアンはさ、なんで俺を自分の控えに選んだの?」
日々人の疑問はついに口をついて出ます。
こともなげにブライアンは答えます――。

それはあっけないほど単純な答えなのかもしれないけど、
それがブライアン日々人の共通点であり、カリスマ性の源なのでしょうね。





一方六太は田舎の村で仕事をしますが、同僚はすっかりやる気をなくし気味。
でも、手先が器用で職人肌、かつ前衛的な六太のアイデアはどんどん形になっていきます。
六太があの頃欲しかったもの。
弟にいいとこ取りされる人生なんてもうまっぴらだ!と言わんばかりに、
六太も、あの幼かったころの「勇気」を取り戻します。

でもこの六太日々人の兄弟はいくつになっても仲がいいし、尊敬しあっている。
そして、ライバルとして認めているのですね。

私はなんとなく思いました。
「弟は、兄なくしては弟であることはできないし、成長することもできない」

世界一のカリスマ宇宙飛行士、ブライアンとの別れ
ブライアンから日々人へ、大きなメッセージがありました。
託されたもの、夢、生命の尊さ。
幼かったあの日のように、日々人はブライアンへ“さよなら”を伝えます。



------------------------------------------------------

エンドロールが終わって会場が明るくなり、芝美ちゃんと私はうるうる状態で
「はぁ〜〜・・・」と大きなため息をつきました。
「観て良かった!」その一言と、全身を包む大きな余韻
ちょっと2人で感想を話しました。

芝美「いや〜、脚本が原作者さんだから安心して観られたよ〜」
ハム子「もうね、私帰りにコンビニコミック買う!」

ハム子「あのさ、青い花がコロコロ・・・ってところ!あれゾクッとした!」
芝美演出がニクいよね〜!細かいところまで・・・」
芝美「私はさ、あの最初の大会のシーンがもう六太らしくてね(笑)笑っちゃった」

芝美「ハム子ちゃんは原作アニメも見ずに来たようだけど・・・わからないところとかあった?」
ハム子「いや、わからないのはあるかもしれないけど・・・これが“#0”だからね!
物語はここから始まるわけでしょ?それがもうワクワクしちゃって!」

芝美「私はね、全てのシーンに納得がいった感じ。あぁ、これってこういうことだったんだ!ってね」
ハム子「それもすごいね。“腑に落ちた”ってことだね!」
芝美「アポも、こういうことだったのね!って。・・・なんかニヤケちゃったよ(笑)」

ハム子「これぞヒューマンドラマ!って感じだよ!
一人一人のキャラクターがすごく丁寧に描かれてるし、人間っていいな!ってね」
芝美「そう、みんなの個性がいいよね!全員魅力的なんだもん!」

宇宙兄弟コンビニ本.jpg

家に帰ってからも、夫のウマ男に熱く語り、
セブン-イレブンでペーパーバックのコンビニ本を買った私でした。

「#0(ナンバーゼロ)」から物語を始めた私も、
アニメも原作漫画も読み込んでいる芝美ちゃんも、
宇宙兄弟」の温かい感動に、笑って泣いた一日でした。






★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★
>>ブログランキングに参加しています<<
      にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ
★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★


posted by 主婦ライター ハム子 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

中森明菜の動画をYouTubeで楽しむ。中森明菜の再ブレイクと“大人の事情”



今日は夫の休日だ。
週に1日、あるいは2日。やっと休みが取れる。
ゆっくり寝かせておいてあげたい。
その間に私のやりたいこともできるし、夫の存在は大きいものだと感じる。
(時々愚痴もこぼしているけど)



私は仕事中、BGMをかけるのが習慣になっている。
テレビはうるさいし時間泥棒なので、もっぱらYouTubeTuneInネットラジオを聞く。
また、どうにも喫茶店やファミレスでは集中できない。
図書館にもwi-fiスペースがあるが、ホームレスがいるので仕事にならない。

家で仕事をするのは孤独だし、心が荒んでいくのを感じる。
最近私が心の支えにしているのは、中森明菜だ。
YouTubeニコニコ動画作業用BGMや再生リストをお気に入りに入れておいて、
エンドレス再生にしている。


YouTube中森明菜さんの動画をUPしているユーチューバーさんは2人いる。
このお二方は尊敬に値するほどの熱意と、当時VHSで録画したのであろう大量のオリジナル動画、
また、どんどん向上していく動画編集技術で、私たちを楽しませてくれる。

明菜1.jpg
▲Milky Ladyさん▲
YouTubeリンク
Milky Lady (main)
Milky Ladyさんブログ
http://akina-milkyway.blogspot.jp/


明菜2.jpg
▲Akina1307EXさん▲
YouTubeリンク
Akina1307EX
☆すごい鬼動画編集!☆




だが、こういった有益な動画を発信する方も悩みが多いようである。
ちょうど中森明菜さんを再び表舞台へという動きがあるようだし、
最近ではベストアルバムの発売もあったようだ。

そこで、YouTubeで見られてしまうのでは価値が低下してしまうし、
「伝説の歌姫」として価値を上げるために、日本レコード協会などの通告を受けて、
YouTube側が削除してしまうのだ。



だが、当時を知らない若いファンを増やすには、入り口となる動画も必要である。
芸能界事情はよくわからないけれど、中森明菜さんの動画は、
歌声だけでなく、
明菜さんこだわりの衣装やバブル当時の豪華な舞台演出など、
何度見ても飽きない(明菜だけに)見どころがあるのだ。


動画をアップしている方も多くの苦労があるようだ。
削除されないようにたくさんの努力をしていらっしゃる。
また、その攻防に疲れ、チャンネルを閉鎖してしまった方も多い。

ただ感じるのは、まったく今の芸能界やテレビがつまらないこと。
そして、アイドルや芸能人にも魅力がないこと。

(夢がないと言ったほうが正しいかもしれない)
そうなると、自然と「良かった時代」に戻り、年齢に関わらず過去のエンターテイメントを
再評価するようになるのではないか。





とても同世代の友人には「中森明菜が好き〜」「80年代サイコー!」と言っても
理解できないだろうが、私のような趣向を持った若い人も少数ではないと感じている。





最後に、ちょっとお役立ち情報。
YouTubeは動画のリピート機能がない。
だが、この方法で一曲リピートができる。

たとえばURLがあったとして、
このURLの「youtube」の部分に、「youtuberepeat」とアドレスバーに書き足すのである。
「YouTube」+「repeat」ということだ。
そうすると外部サイトに飛び、リピート再生ができる。

https://www.youtube.com/watch?〜〜〜〜
   ↓
https://www.youtuberepeat.com/watch?〜〜〜〜
このように書き足す。


ボデコン.jpg
(黄色い枠の部分。「youtube」の文字のすぐ後ろに「repeat」と付け足す)
      ↓
ListenOnRepeat.jpg
(このサイトに飛ぶ。IEやChrome、Firefoxなどブラウザの設定を変える必要があるかもしれない)

あえてこの外部サイトListenOnRepeatをブックマークしておくほどの必要はないと思う。
(URLに付け足すだけなので)
これは意外と便利なので、試してみてほしい。






★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★
>>ブログランキングに参加しています<<
      にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ
★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★


posted by 主婦ライター ハム子 at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 80’s 90’s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

変色リップ「ムードマッチャーリップ」は究極の落ちない口紅!?



以前レブロンの落ちないクレヨンリップをご紹介したが、
私でも唇コンディションが良くないときは荒れがちである。

★過去記事リンク★
「リップクレヨン!2013年大HITのレブロンとブルジョワを試してみた!」
http://hamuko-cecile.seesaa.net/article/370485095.html
「ほぼ毎日これオンリー!レブロンのリップクレヨンは2013年ヒットコスメ間違いなし☆」
http://hamuko-cecile.seesaa.net/article/383172299.html
「マット口紅!レブロンのリップクレヨンがリニューアル!「カラーバーストマットバーム」」
http://hamuko-cecile.seesaa.net/article/399004019.html

私は前歯に口紅の色がつきやすいタイプなので、更に落ちにくい口紅はないものかと探してみた。

そこで出会ったのが「ムードマッチャーリップ」だ。
楽天でも手に入るが、私は近所の怪しげな化粧品店で購入してみた。
このムードマッチャーリップ、東京でもめったに見かけない。
もし店頭で見つけたら、かなり運がいいと言えそうだ。


だが、20〜30年前のバブル期にはハワイのおみやげとして流行ったらしい。
知っている人には古く感じられるかもしれないが、
今はマットでビビッドな口紅が流行中である。
若い人から見ると一周回って新鮮に見えるかもしれない。

店員さんに勧められたのは「チョコレートブラウン」。
なんでも「トロピカルなレッド」に色が変わるらしい。
私は事前に、グラスグリーンとオレンジが人気色だと調べて行ったが、
「めったに売れないので、トロピカルなレッドが見てみたい」という店員さんに押され
ブラウンを買うことにした。

ムードマッチャーブラウン.jpg

結果、発色がものすごい派手になったが、
落ちにくさ顔映りの華やかさ、また荒れにくさでも、大満足だった。

軽く塗ってティッシュオフすれば、カップにもつかず丸一日色がもつ。
口紅を塗っているというより、皮膚に色を乗せている感じで、見た目もマットだ。
それなのに荒れにくく、上からリップクリームを塗り直す必要もない。

使い心地がとても気に入り、前述の化粧品屋でグラスグリーンオレンジも色ち買い。
800円だったが、楽天だと500円前後で買えるようである。

【52%OFF!】“唇のphでアナタだけの色に変色!しかも落ちにくい!”【即納】【52%OFF】 Fran ...
↑ここのショップが一番レビュー数が多いみたい

ムードマッチャーリップ人気色.jpg

私のお気に入りは「オレンジ」。
これを薄く塗ると、肌の色が色白できれいに見える。
顔が寂しいときにムードマッチャーを塗るだけで、一気に華やかになる。
休日もこれだけで充分なくらい。

グラスグリーンも取り入れやすい色だった。
一番、普通の口紅に近い色かもしれない。

チョコレートブラウンは、赤とショッキングピンクの中間くらいの色味。
ムードマッチャーリップはPHよって色が変わるので、日によって多少ばらつきがある。
キャットアイラインを引いてモード風メイクにするときはブラウンを選んでいる。

ムードマッチャーリップ色見本.jpg

また、メイク落としでも色が残ってしまうくらいなので、色素沈着が気になった。
だが、この変色リップは息の長いロングセラーで、
おばあちゃん、お母さんの世代から長く使っている人が多いようだ。

30年愛用している人が「楽天で買えてラッキー!」と言うくらいなのだから、
おばあちゃんの唇を信用してみたい。

made in USA の表記があるが、日本製でも同じようなものがないか調べてみた。

ムードマッチャーリップ成分.jpg
↑成分です

ちょっと長くなってしまったので、続きはまた後日書こうと思う。

最後に・・・こちらはムードマッチャーオレンジをつけたところ。
あえて最小限の画像加工にしています。(サングラスもどきだけ)
顔色がよく見えるので、血色が悪い私にはありがたい存在。
つけ心地も軽いので、ムードマッチャーがまた流行らないか期待している。

ハム子ムードマッチャーリップ.jpg





★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★
>>ブログランキングに参加しています<<
      にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ
★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★


posted by 主婦ライター ハム子 at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性向け(美容・ファッション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする