2014年01月27日

毒母との共依存 タイミングの悪い電話&愚痴!幸せの邪魔をされる



こんにちは、ハム子です。

なるべくこのブログは楽しく役に立つことを書こうと心がけているのですが、
のことに関してはつい厳しくなってしまいます。
もしそれで読者の皆様に不快な思いをさせていたらゴメンナサイ。


母娘でじろっ / yutaka-f


最近は、昼過ぎに仕事の手を休めて近所の公園に行くのが習慣になっています。
公園で、近くにある会社の社長さんと従業員のバングラデシュ人と友達になったので、
いろいろ世間話をしたり、みんなでお茶を飲んだりと、ほのぼのとした時間を過ごしています。

そして、仕事も順調、「あぁ、次はこんな事しようかな!」と良いアイデアが浮かんだりしているとき、
なぜかタイミング悪く母から電話がかかってくるのです。
まるで邪魔をされているかのように。

とする話と言っても、親戚の愚痴や近所づきあいの愚痴、亡くなった父への不満
お墓がどうの、母を気にかけてくれている人の愚痴とかです。

あまりいい気分はしません。

この本も共依存の母娘を描いた作品だそうです。読んでみたい。



そして、私も母が好むような話題をしているのに気が付きます。
夫や義両親には特に不満はないのですが、楽しい話をすると機嫌が悪くなるので、
母に合わせて愚痴らしく話すのです。

楽しい話をしても、「でも」「どうせ」「だって」ばかり。
私は幸せを感じて生きているし、母と違って自分の人生に責任を持とうとしているのに。
の存在には頭が痛くなります。

1時間以上愚痴を聞かされ、それもつじつまが合わないことだらけだったり。
ああ!これからこの作業をしようと思ったのに!
すっかり外も暗くなってしまった。

ハム子は自分でやるべきことは人のせいにせず、きちんとやる人間になりたいです。

あとは愚痴は極力避けたい。
愚痴でもいいけど、最後に笑い話に変えられる人になりたいですね。

母と娘というのは、とかく難しい。
愛(エネルギー)は、奪うもの差し出すものではなく、
与えるもの受け取るもの、どんどん増幅していくものでありたいですね。


この本は親子関係に悩む人には必読です。完全版のこれでないと、一番重要な「対処法」「解決策」が書いてないのです。文庫版はオススメしません。
許そうと思わなくていいんだよ。






★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★
>>ブログランキングに参加しています<<
      にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ
★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★


posted by 主婦ライター ハム子 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン・AC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

ヒステリーな毒親!共依存やアダルトチルドレンで縁切りた〜い【愚痴です】



こんにちは、ハム子です。
父が亡くなり一人暮らしの母…。
四十九日の話などで電話しますが、理不尽な矛盾やダブルバインドで罵られウンザリ。
母と娘(ハム子は一人っ子)は難しきかな。

ちょっといままでの親子関係を語りますね。
お目汚し失礼します。


image-20131201151903.png


--------------------
元々両親ともどもマザコンで婚期を逃し、40代でお見合い結婚。
それまで実家暮らしの苦労知らずです。

私が小さい頃から、母は私に、父や親戚の悪口を吹き込みます。母本人は愚痴のつもりです。
近所の人や、50年以上前の恨みつらみなどくどくど聞かされます。
私は「お母さん可哀想、私が守る」と思って聞いています。

保育園〜24歳まで、母には理由なく叩かれ、髪を引っ張ったり外に立たされたり。
そこまで悪ガキだった記憶はないんだけどなぁ???
父は無関心を決め込み、私の誕生日や通っている学校も知りません。

華の高校生になっても私は勉強一途。
でも、流行っているテレビやファッション、恋愛やスカート丈まで、「これは悪いことなんだ」と思い遠ざけました。

当然ダサいといじめられます。
でも母は、私に友達がいない方が満足気。
母は私に父の悪口を言い、父には私の悪口を言います。
父と私はほとんど接触ありません。

両親が60代で家や車を買ったので、「え?大学?行かないよね?」という感じ。
なんだよぉ!あんなに勉強したのに…。
進学率99%、1%私が下げてしまいました。

フリーター生活はぬるま湯!「結婚は40代で良いよ♪老後ヨロシク!あと孫ね♪」
老人のアイドルとして、暗黙の恋愛禁止制度。
パソコンも触らせてもらえません。携帯、パソコン、日記はほぼ公開。(親が勝手に見ている)

24でウマ男と恋愛!
親不孝者!縁を切るから出て行け!と言われ、
初めて自分の家庭の異常さを知ったぁ…。
一人暮らしを始めたら両親はストーカー化。戻ってこいと押しかけます。

ウマ男と同棲、同棲解消、実家に戻るも針のむしろでまた一人暮らし…。
ウマ男がバセドウ病の治療を始め、健康な心を取り戻したのが今年。DVや依存心が消えました。
父の寿命も見極め、ハム子の仕事のストレスも最高潮となり、ウマ男にプロポーズ。
その代わりウマ男の借金は私がやりくりして払います。
そして父が亡くなって、母は一人になり…。

もう、電話しても母は怒鳴ってばかりで会話になりません。
父の葬儀もちゃんと打ち合わせしないので恥ばかり。
頑なになり、周りの意見を聞きません。
趣味もなく友達もおらず、貯蓄もありません。
哀れなものです。



image-20131201151954.png

--------------------

アダルトチルドレン、共依存、墓守娘に苦しんでる人に伝えたいこと。
私もまだまだ未熟ですが。

大丸1︎親と距離を置くこと
大丸1︎子供はいつか必ず親を越えるときが来る。形勢逆転のときが。
絶対の存在だった親が、弱い一人の人間に見えるときがくる。
大丸1︎まずは自分を大切に
少しずつ、自分の食べたいもの、着たいもの、行きたいところを優先する。
大丸1︎仕事を見つける。
学生時代得意だったことにヒントがある。
大丸1︎親不孝と周りが言おうと気にしなくていいんだよ。
あなたの尊厳を踏みにじった。
大丸1︎親を許そう、癒そうとしなくていいんだよ。
親の親になる必要はないよ。
大丸1︎正しい性認識をもつこと。
女性らしさ、男性らしさを受け入れる。
何にも汚らわしいことはないよ。
大丸1︎自立。
精神的自立。経済的自立。社会的自立。
大丸1︎親に、あなたの大切なエネルギー、時間、お金を差し出さない。奪わせない。
大丸1︎老人の集まりから離れる。物分りのいい老人は少ない。
大丸1︎ブログでもTwitterでもFacebookでも書き散らそう。ただし、依存しないように。
大丸1︎何事も、観察。
自分の感情、記憶、陥りがちなパターンを観察。
大丸1︎退行催眠とか効果あるらしい
大丸1︎まずは自分が幸せになろう。
大丸1︎自分で自分をモデリングすること。あなたはなりたい自分になれる。

---------------------
今はネットがあるから本当に恵まれてます。
自分と近い境遇の人が簡単に見つかります。

あとは、私は無料の電話相談を駆使しました。
自治体で人権や虐待、ジェンダー、自殺防止など、結構相談に乗ってくれます。

あ〜ぁ、愚痴のつもりが語っちゃった!
今日はお仕事休んでモーニングページと家事を楽しみます。



★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★
>>ブログランキングに参加しています<<
      にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ
★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★


posted by 主婦ライター ハム子 at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン・AC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

父を看取るということ、自分は親に感謝できるか



こんにちは、ハム子です。
父が慢性白血病になって約4年。76歳という年齢を考えれば十分です。
まだ父は亡くなってはいませんが、もうそろそろというところです。

まず、現在の状況を少しだけ……


色づくぶどう / kinumi.


父の状態
白血病のせいであちらこちらが悪い
心臓、腎臓、肝臓、すべて手遅れ 足腰も立たない
すぐに転んで血を出してしまう、血が出ると血小板が足りないので止まらない
父は入院中も2回脱走し、勝手に点滴を外したこともあった、
そのため治療が困難で、医師や看護師にも迷惑をかけた

70歳の母の具合
24時間父が転ばないように見張っている
夜中も起こされるので、寝た気がしない
父が転んでしまったことで、自分を責めている
親戚から頑なに父の死が近いことを隠す
疲れているせいか、誰に対しても喧嘩腰

私の気持ち
父にはネグレクト、母にはほとんど虐待同然に育ったため、今更感
一人娘なので、私がしっかりしなくてはいけない
周囲は「親を許そう」「親孝行をしなさい」というが、とてもそんな気になれない
自分は新婚、なのに親には「誰もあんたなど祝わない」など言われショック


ふなっしー #Funassyi / hajipon


はぁ、もう疲れたでごわす。
前に飼っていたハムスターの死に様のほうが、よほど立派で感動しました。
母もだいぶ病んでいます。
病院の医師には、夫婦とも老人性うつなので精神科に行くように言われていますが、
そう言われて2人とも怒ってしまいました。

私の家から実家までは電車で1時間半くらいで、行かれないことはありません。
ですが、あの陰気で愚痴だらけの家にいくのはすごく苦痛です。
気持ちとしては、父と母を救いたい、癒したいというのもあります。
でも、それは通じません。
私の方が疲れてしまいます。

健全な家庭に育った人がどれだけうらやましいか、口では表現できません。
これでも私なりに必死に、両親を許そう、親孝行しようと考えているのです。
周りに今の状況を説明すれば、頑張れ!しっかり!と励まされて、
「これ以上どうしろと?」と言いたくなります。

でも、私は悪い娘なのでしょう。親にとっては。
父が死んだら私は泣くだろうか。
私の誕生日すら覚えていない父を許せるか。

はぁ〜、こっちが病んでしまいますね!!
何かの本で読んだのですが、確実に「子供が親を越す瞬間」というものがあり、
親を未熟な人間として見るようになるとか。
私にとって、今が形勢逆転のときなのかもしれません。

(いつもより……シリアスなハム子でした)

タグ: 父親 許し

★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★
>>ブログランキングに参加しています<<
      にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ
★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★


posted by 主婦ライター ハム子 at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン・AC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする